資格とは、

  • あることを行うために必要とされる条件(goo辞書より)
  • 仕事上任務に就くために必要な条件として公にみとめられる能力を指す(ウィキペディアより)

と定義されています。

 

仕事上必ず持っていないといけない資格(医師、弁護士等)や資格取得者以外の者がその資格の名前の利用を法律で禁止されている資格(介護福祉士、栄養士、調理師他)、仕事上もっていなくても仕事はできるが自分のスキルや他からの信頼度を深めるための資格・・など様々です。

 

 

資格の種類

 

国際資格・・・貿易等の国際関係業務に関する資格や外国の資格(通関士、貿易国際資格(CITLS)帆等)
国家資格・・・国が法律に基づき認定を行っている資格のこと。(医師、弁護士、税理士、教員等)
民間資格・・・民間企業が主催、認定を行っている資格のこと。(TOEIC,TOEFL、臨床心理士、ネイリスト、整体師、フードコーディネーター等)

 

国家資格の難易度

 

<超難関> 平均合格率1%〜8%で国家資格の最高峰

主な資格・・・新司法試験、国家公務員総合職、公認会計士、裁判所事務官T種、衆・参議院事務局職員、弁理士、司法書士、外務省専門職・・・等

 

<難関> 平均合格率5%〜15%

主な資格・・・不動産鑑定士、税理士、医師、一級建築士、中小企業診断士、社会保険労務士、電気主任技術者(電験一種)、国家公務員一般職、行政書士、土地家屋調査士、務省専門職員、電気通信主任技術者、気象予報士、皇宮警護官、国税専門官、歯科医師、労働基準監督官、薬剤師 、獣医師、測量士、管理栄養士、総合旅行業務取扱管理者・・・等

 

<普通> 平均合格率10%〜35%

宅地建物取引主任者、FP技能士1級、放射線取扱主任者、通関士、一般計量士、海事代理士、電気主任技術者(電験三種)、火薬類製造保安責任者(甲種)、二級建築士、土地区画整理士、給水工事主任技術者、電気工事施工管理技士、造園施工管理技士、幼稚園教諭、社会福祉士、透析技術認定士、危険物取扱者 甲種、自動車整備士、保育士、第一種電気工事士・・・等

 

<やや易しい> 平均合格率25%〜60%

FP技能士 2級、浄化槽管理士、国内旅行業務取扱管理者、貸金業務取扱主任者、言語聴覚士、介護福祉士、エックス線作業主任者、解体工事施工技士、危険物取扱者 乙種、ボイラー技士 2級、発破技士、第二種電気工事士、衛生管理者、アマチュア無線技士、職業訓練指導員、美容師/理容師、助産師、作業療法士、救急救命士、理学療法士、調理師・・・等

 

<易しい> 平均合格率70%〜90%

保険師、助産師、看護師、製菓衛生師、栄養士、司書・司書補、食品衛生管理者、クリーニング師、普通自動車免許・・・等

 

 

講習だけで取得可能な国家試験

国家試験といえば難しいイメージがあるのですが講習だけで取得可能な試験があります。

 

  • 甲種(乙種)防火管理者・・・オフィスに一人は必要な資格であり、防火的な作業を経営者や所有者の代わりに行うことが主な業務。
  • 食品衛生責任者・・・・・・・食品関連の事務所で食品の安全を確保する資格。
  • 四アルキル鉛等作業主任者・・鉛汚染から守る資格のことで労働安全衛生法に規定する作業主任者の一つである資格。
  • 圧力容器取扱作業主任者・・・危険物を製造する工場などで需要が多い資格
  • ガス溶接技能者・・・・・・・酸素、アルゴン、窒素、可燃性ガスなどを使用して溶接を行う技術者
  • 鉛作業主任者・・・・・・・・鉛を取り扱う作業を行う時に作業者の身体に悪影響を及ぼさないように指導監督を行う資格
  • 酸素欠乏危険作業主任者・・・作業者が酸欠にならないように、作業手順の指導や測定器具などの点検・整備・使用状況の監視等の安全対策を行う
  • 小規模ボイラー取扱者・・・・小型ボイラーの操作、異常時の処置などの作業を取り扱う技術者の資格
  • 特定化学物質等作業主任者・・工場など特定化学物質を取り扱う場所での作業者が化学物質に汚染されないようにする資格
  • 玉掛技能者・・・・・・・・・吊り上げ荷重1トン以上のクレーンの玉掛け作業時には必ず一人は必要な国家資格
  • 乾燥設備作業主任者・・・・・印刷会社、製紙会社、食料品加工製造会社など乾燥設備を使用して、物を乾燥する際の業務指導・監督にあたる責任者の資格